小傷

カテゴリー:Body

DSCN4540.jpg

    飛び石傷(タッチアップにて補修)

多いものとしては、
 ?飛び石
 ?擦り傷
でしょうか。
傷がFRPにまで及ぶようだと放っておくとFRP自体を傷める場合があるので注意。

  • 補修
    傷が水をかけると見えなくなるのでしでたら、コンパウンドでかなり目立たなくなる、もしくは、目視では発見できなくなります!
    また、ちょっぴり研磨剤の入ったワックス(水垢とれるやつ?)でもいいそうです。

    その傷って、水をかけても目立つ、または、爪をあてると引っかかる感じがしますか? その場合、残念ながらタッチペンの出番ですね。ちょっと面倒カモ。
    タッチアップペンは、ディーラー等で入手可能です。
  • 線傷でタッチペンを使う場合には

    (用意する物)
    タッチペン、ファイバー系のチューブ、コンパウンド、マスキングテープ、耐水ペーパー

    ?まず線の両側をきれいにマスキングテープでテーピングを行います。
    ?次にファイバー系のチュープ(先端が尖ったもので針でもOK)に塗料をつけて
     線傷の中に浸透させるように塗りこみます。
     この場合塗料の粘度がドロドロの場合には薄め液で若干薄めます。
    ?次に乾燥させ、その後耐水ペーパーで軽く線に沿って擦る。
    ?マスキングテープを剥がし、コンパウンドで磨きます。

    これで見違えるようにきれいに♪

    メタリック系はクリアだけでやる方が綺麗です。
    但し、塗装の薄いエリで使えるかはわかりません(核爆

添付ファイル: fileDSCN4540.jpg 284件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-29 (火) 23:50:08 (1449d)