ショック&スプリング

カテゴリー:Suspension
カテゴリー:DIY'HowTo'

えっと、記憶によればS1系、S2系、EX2系で違っていたはずですね。
今後の1ZZではEX2系と同じになるのでしょうか??

  • ? 111Rの足をEX2へ

783.jpg
(それぞれ左の綺麗な方が111Rです)

普通は111Rにエク2のサスを入れるのでしょうが、エク2に111Rのサスを組み込んでみました(アホな実験です・笑)
取り外して比較すると、ダンパーは減衰こそ違いがありますが形状・全長・ロッド長とも同じです。
スプリングはレートの違いがありますので線径と巻数が見た目でわかります。

784.jpg
そのまま装着

これをエクに入れたら車高はどうなるかというと…、僅かに車高がアップしました!
フロントで3ミリ・リアが5ミリアップです。
ちょっとだけ走ってみましたが乗り心地いいですね!

872.jpg
溝加工

そこでノーマルサスを使っての車高調加工計画なるものを考えました。(これはあくまでサーキット用です♪)
車高を調整する要であるCリングの溝切りをしました。ノーマル2本の上の7本が後で入れたものです。
(ビルシュタインの加工できるところなら受付してくれます)
※実際にはこんなに溝はいりません→3本あれば十分です。これはヘルパースプリング無しで取り付けするようにした実験用です。
車高の低下に合わせストロークを広げるために一緒にバンプラーをカット又は違うタイプに入れ替えも考えましたが、ダンパー内のピストンストッパー破損を防ぐためにあえてノーマルのまま使用しました。
考えてみたらコレ以上ストロークするとタイヤハウスのインナーカバーにタイヤに触れて破損しますので・・・

ここで提案ですが、ノーノルのサスで十分だけど車高をチョットだけ(1.5センチ位までなら)下げたいと思われる方はCリング溝切りをするだけでできますよ。
この場合プリゼロ(プリロードゼロ)になりますので、乗り心地的には柔らかめ(ちょっとだけですが)になります。
見た目2センチ下げるだけに20〜30万のサスを購入するのはもったいないですよ(^^)

787.jpg
スプリング

市販のスプリングを使用するとロアとアッパーのシートを製作しないといけません。(ノーマルのサスは内径47.75ミリという特殊サイズ)
それと市販スプリングでは全長150ミリ位しか使用できないためハンドリング的に切り始めの挙動がクイック過ぎるのでは・・・と、考えてスプリングをオーダーしました。
内径48ミリとし、フロント7キロ・リア10キロでオーダーです。
今回車高を調整することも目的ですのでヘルパースプリングもオーダーですし、もちろんその間に入るシートも特注にてアルミから削り出してもらいました。

873.jpg
フロント

組み込みはこんな感じです。
アライメントもきちんとやりましょう。

877.jpg
調整後

最終的に有効ダンパーストロークを考えた車高はF−13ミリ・R−14ミリのダウンに設定しました。
サーキット走行会で試しましたが、ノーマル加工で十分な戦闘力がありますよ。
(街乗りとサーキット走行を兼ねるバネ設定ですが、もう少し硬いバネを使えばタイムアップ可能ですね)
伸び側は十分なストロークがあります。
ヘルパースプリングのバネレートを高めに設定している影響もあって縁せきをカットするタイトコーナーの設置感は抜群でした。
厳密に言えば減衰力をもう少し上げたいところですが、ノーマルより乗り心地が良くてタイムアップしていますので価格的に文句のつけようのないものが出来上がりましたv(^^)v

最後に、加工に掛かった費用は下記の通りです。

スプリング4本→¥32,000
ヘルパースプリング4本→¥8,000
センターシート4個→¥16,800
溝切り(3本の場合)→¥6,400(リア2本で十分です。この場合¥2,800)
自分でサスを交換できる能力(ボルト2本だけですが・笑)と、スプリングを外すスプリングコンプレッサー(アストロプロダクツで2本で→1600位)があれば誰でもできますよ♪


添付ファイル: file787.jpg 408件 [詳細] file877.jpg 496件 [詳細] file873.jpg 483件 [詳細] file872.jpg 637件 [詳細] file784.jpg 456件 [詳細] file783.jpg 610件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-29 (火) 23:50:33 (1453d)