サーキット走行メンテナンス

最近サーキット走行を開始した皆さんが多いですが、走りに振った作りのエリーゼとはいえ
サーキットを走行前に最低限のメンテナンスとモディファイが必要です。
ここではサーキット走行で他の皆さんに迷惑を掛けない最低限のメンテナンスを述べたいと思います。

サーキット走行に行く時に持参する物

1:必ず持参する必要が有る物

  • ヘルメット
  • くるぶしまで隠れるグローブ
  • 長袖
  • 長ズボン
  • 滑りにくい底を持った靴
  • 飛散防止用ビニールテープ
  • 固定用テープ
  • タオル
  • 着替え
  • タイヤレンチ

2:出来る限り持参した方が良い物

  • 空気圧ゲージ
  • 折り畳み椅子
  • 補充用オイル
  • 簡単な工具

3:家に置いて行った方が良い物

  • 室内のカーペット
  • トランク内の不要なもの

サーキットに行く前に最低限必要な整備とモディファイ

下にもありますが、トラブルの項目に記載のある点については要整備点検です。

1:必ず必要な整備

  • 足回り点検及び強化版トーリンクへの交換
       ※トーリンク関連の破損
  • 対策済シフトレバーへの交換(Exige2と111R該当車種)
       ※シフトレバー破損
        (リコールが出ています!:リコール情報参照)
  • エンジンオイルの点検(汚れていれば必ず交換)
  • ミッションオイルの点検(交換後走行距離が長ければ必ず交換)
  • ブレーキオイルの点検(最低走行前にエア抜き処理を行う)
  • クラッチオイルの点検(最低走行前にエア抜き処理を行う)
  • タイヤの点検(山の状態、釘や石は挟まってないか、空気圧)
  • ブレーキパットの点検(十分パットの厚みがあるか、片磨耗してないか)
  • ホイールロックナットの点検(きちんと規定値で締まっているか)
  • ステアリングの点検(きちんと留まっているか、ガタは無いか)
  • 前後にきちんとした牽引フックの装着
  • 各種ライトの点検

2:出来ればやった方が良い整備

  • プラグの確認
  • ブレーキオイルをDOT5.1以上に変える
  • 4点式以上のシートベルト
  • 社外ブレーキパットへの交換
  • 足回り、その他の増し締め及び緩みの点検

サーキットでは

安全のため荷物は出来る限り降ろしましょう。
忘れやすいものとしては、車内のワイドミラー、フロアマット、飾り物などでしょうか。
外回りでは、灯火類のテーピング、ホイールのセンターキャップを外す、ホイールのウェイトはアルミテープで外れ防止処理。
エアのキャップも本来は外しておいた方がベターです。
またゼッケンも忘れずに。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-08 (土) 22:14:36 (439d)